Japanisches Institut in Hamburg e.V. 登録公益法人 ハンブルク日本語補習授業校
Japanisches Institut in Hamburg e.V.登録公益法人 ハンブルク日本語補習授業校

本校の歩み History

ハンブルク日本語補習授業校の歩み

 

 年 月

 

1963
4

日本人会の依頼で元小学校教師の牧師婦人が中心となり、児童数33名、教師3名による二部制の補習校が正式に発足した。ハンブルクの教会にて授業が行われる。

1965
5

総領事公邸(Leinpfad 62 Hamburg 60)で授業が行われる。

1967
6

前年に建造された日本人会館に場所を移転し、学校図書を設置。

1969
4

1名の専任教師を迎える。

1970
4

総領事館、日本人会教育委員会の尽力により、市内のドイツ公立小学校の校舎を無料にて借用。二部制授業。

1971
4

生徒の増加に伴い、講師を増員して一部制授業を実施。

同年
4

幼学部(準1年)を新設。借用校舎の室内プール、体育館、音楽室とほぼ全施設の使用が許可され水泳教室を設立。

1973
9

ハンブルク市に共益法人として正式に登録され、共益法人ハンブルク日本語学校(Japanisches Institut in Hamburg e.V.)と組織名称を変更。

1974
4

横浜市の好意により教員2名が派遣され、専任教師2名となる。

同年
7

事務所を日本人会事務局より分離、独立する。

同年
12

在外補習学校講師謝礼補助金が海外子女教育財団より支給されることに決定。

1975
11

第一次派遣教員が文部省より1名派遣される。

1978
4

海外子女教育財団より推薦された教師を加え、専任教師は4名になる。

1979
4

第一次文部省派遣教員帰国後、第二次文部省派遣教員が着任。
全日制準備委員会が設立される。

1981
1

文部省より全日制設立が認可される。

同年
4

ハンブルク日本人学校が設立され、補習校は日本語教室と名称を変更し、日本人学校の校舎を借用。教員6名で二部制の授業を行う。

同年
9

日本人会総会で、日本語教室は期限なしで全日制と併立する事に決定。

1982
9

事務局が日本人学校より分離し、独立した一組織となる。

1983
3

ハンブルク日本語補習授業校と名称を改め、海外子女教育財団に私立補習校として認められる。

同年
4

1年生のクラスを再新設する。

1988
4

高等科を新設する。

1993
4

高校日本語コース、小学部低学年日本語クラスの特別設置。

同年
4

日本人学校移転に伴い、Halstenbek 新校舎で授業開始。

1995
4

4歳児クラス設置。

1998
4

小学部56年生社会選択制、中学部数学選択制採用。

2003
4

高等部1年数学をニーズに応じて特別設置。

2007
4

高等部で生徒の構成に応じたクラス編成の採用。

   
 

毎年夏休み  希望者による34日の夏季合宿(小学2年~中学3年)
毎年9月初旬 ハンブルク日本人学校と共催による運動会
保護者会主催による、七夕、お月見、クリスマス、節分などの行事
保護者による童話などの読み聞かせ会、書道の指導

 

日本人学校の文部科学省派遣教諭による補修校クラスの研究授業

 

現在8名の講師による国語科、算数・数学科、社会科の授業

2010
4

三歳児クラスを新設する。

2011
4

三歳児クラスを3時間に延長

2013
6

創立50周年式典開催

Access 連絡先

Japanisches Institut in Hamburg e.V.
Dockenhudener Chaussee 77-79
25469 Halstenbek
Germany

Kontakt メッセージ

Nutzen Sie, bitte, unser Kontaktformular.

連絡について・・・

コンタクト欄の

連絡用フォーマットを
お使いください。

Druckversion Druckversion | Sitemap
© hoshukohh